子供を甘やかさない。甘えさせる。

2018/5/1

子供を甘えさせることをやっていますか。私は毎日やっています。呼吸するように。

以前、子供のやっていることをそのまま言う、っていうのを以前ご紹介しました。
例えば、
起きたら、
『起きたの~♪』
ごはん食べたら、
『ごはん食べたの~♪』
みたいな。

子供をいつも満足させる声かけの仕方

 

今日はさらに子供をご機嫌にさせ、甘えさせる声かけの実践を。

やり方はこうです。

①子供の名前を呼ぶ。
②かわいいちゃん、ばぶちゃん、あかちゃん、などと呼ぶ。
③あまえんぼさん、と呼ぶ。

実例

私:ヒツジ♪(息子のニックネーム)
子:なーに♪
私:ばぶちゃん♪
子:なーに♪
私:あまえんぼしゃん♪
子:なーに♪(満面の笑み)

お母さんに名前を呼ばれるのが大好き。
赤ちゃんみたいに甘えるのが大好き。
甘えていいのがわかって大喜び。
そのあとは、よしよしして、むぎゅー。

という流れ。
ぜひやってみてください。

 

甘えさせるのって甘やかすと混同してしまいますよね。
甘やかすっていうのは、ごはんの前に騒いだからチョコを食べさせたとか、もうたくさん持ってるものを買い与えたとか、それいらなくない?ってやつですが、

甘えさせるのは、思う存分かわいがるということです。我が子は、他の子よりかわいい。その感覚は大正解です。
小さくてかわいい我が子も、外で頑張ってますよね。家は甘えるところ。心身ともに休むところ。
スキンシップはやり過ぎることはないです。やればやるほど良いです。
目をしっかり合わせるのも良いです。

それから、私がよくやるのは、『私から甘える』です。
普段から甘えさせることをしていると、子供も甘えさせてくれるようになります。

ぷにぷにしたちっちゃい子に、よしよし♪ってされてみてください。これ最高。

 

こうやってかわいがれる期間は短いです。自分より体が小さい期間、楽しめるといいですね。

IMG_20180430_135202_743.jpg