母親が笑顔でいることがいちばんという考え方について

2021/6/30

1年前の今日に書いていた文章が、今も同じ気持ちだったので記録しておこうと思います。

ーーーーーーーーーー

娘(中1)の学校アンケートで、

・家族にムカつくことはありますか
・帰りたくないと思うことはありますか

みたいな質問があったらしい。
たくさんあった質問にはほとんど「いいえ」に○をすることになったもよう。唯一「はい」に○をつけた質問は、
・学校に行きたくないことはありますか
だったそうです。

同級生には母親や弟が嫌いだと言ってる子がいて、全く共感できなかったと。
良かったなぁと思いました。
その同級生に『うちの弟?かわいいよ!💕』って答えたらしくて、嬉しかったな~。

うちには「お父さん」はいないんだけど、
「家族」がいます。
お父さんがいないということは、その他大勢の皆とは違うんだろうけど私は離婚してよかったと思っています。

人生で良かったことは、

1位 出産
2位 離婚
3位 結婚

です。
どれも元夫なしではなし得なかったことです。

娘には、私が辛かったり、無表情で黙ったり、泣いたりするところを何度も見せるはめになり、申し訳なかった。
無理に結婚を継続することが良いとは言えないと思います。

子供にとって母親が笑って過ごすことがいちばん、って説がよくあるけど、それにはおおむね賛成だけど違和感があって。
母親だけが楽しければいいんじゃなくて、みんなで楽しくなければ意味がないと思います。

ーーーーーーーーー

と、1年前に書いてありました。

離婚したときには、それこそ心ないことを赤の他人に言われたり、片親ってのは不便だな~と思うことがあったんですが、後悔したことは一度もないし、しなきゃ良かったかな~?と思ったことすらなかったです。

離婚当時は千葉県船橋市に住んでたんだけど、母子家庭に対するバックアップがとても厚くて、経済的に不自由なことがありませんでした。

でもまぁ知り合い程度の人につべこべ言われました。離婚なんて珍しいものでもないけど、少数派ということはここ日本では異物であるし、私も『普通に』『皆と同じ』なのは好きですね。だからつべこべ言うのはそうだろうなと思います。

別れる前も後も色々と嫌なことはあったけど、今も元夫に対する気持ちは感謝のみです。
離婚の果てしなく終わらない手続きには閉口しましたが。

本当に心から元夫の幸せを祈ってます。

苦労して別れたんだし、幸せしか待ってないと思います。

離婚することで否応なしに子供を巻き込むかたちにはなってしまったということは忘れてはいけないし、今でも私は離婚相談を受けても離婚をおすすめしてはいません。
相談してくる人は、ただ愚痴を聞いて欲しいだけで離婚する気はないのかもしれないけども。
縁があって結婚したんだし、大事にすればいいと思います。

私はその後再婚し、今はもうひとりではありません。片親でもなくなりました。
私の幸せは家族の幸せだし、家族の幸せは私の幸せということです。私だけが幸せというのは結局は寂しいと思います。母親だからと区別してしまうことは疑問です。


離婚しようが再婚しようが、一緒にいるなら、みんなで楽しくしたいと私は思います。